Orchid がデジタル プライバシーを提供する方法

Orchid ネットワークは、分散型仮想プライベート ネットワーク (VPN) を使用可能にし、ユーザーがサービス プロバイダーのグローバル プールから帯域幅を購入できるようにします。これを行うために、Orchid は OXT と呼ばれる ERC-20 ステーキング トークンを使用します。これは、トークンに基づく帯域幅プロキシ用の新しい VPN プロトコルであり、アルゴリズムによる広告および支払い機能を備えたスマート コントラクトです。Orchid のユーザーは、プロバイダー ディレクトリを使用して帯域幅の売り手に接続し、確率的なナノペイメントを使用して支払いを行うため、パケットのイーサリアム トランザクション料金は許容範囲内で低くなります。

Orchid アプリ

Orchid のユーザーは、OpenVPN などのプロトコル用の一般的な VPN クライアントと同様のクライアントを実行しますが、これは Orchid プロトコルを使用します。 Orchid ネットワーク クライアントは、統合されたパーソナル ファイアウォールを介してトラフィックを実行する機能など、ほとんどの VPN クライアントが提供する基本機能を超えています。 Orchid クライアントには、iOS、Android、macOS、および Linux を介してアクセスできます。

back to top

Orchid のデジタル通貨 (OXT)

OXT の主な目的は、オペレーターのインセンティブをOrchid ネットワークの利益に合わせ、特定のリスクを軽減するステーキング広告メカニズムを提供することです。

OXT デジタル通貨は、いくつかの方法で Orchid ネットワークに価値を提供します。

  • 帯域幅プロバイダー - 誰でも Orchid ノードを使用できますが、最初に OXT にステーキングする必要があります。ステーキングする OXT が多いほど、ネットワークで報酬が得られる可能性が高くなります。
  • 帯域幅のユーザー - 初めて、ユーザーはナノペイメントを使用してプライベートで安全なインターネット接続の料金をその場で支払うことができます。 ユーザーは、OXT またはサポートされている暗号通貨の 1 つを Orchid アカウントに追加します。これは、VPN が接続されている間にサービス プロバイダーに支払うために使用されます。

OXT の詳細をご覧ください。

帯域幅マーケットプレイスはピアツーピアであり、中央の関係者に依存することなく、完全に分散化された方法で動作します。この新しい OXT デジタル通貨を使用する主な理由は次のとおりです:

  • Orchid ネットワークの帯域幅の消費に特定して関連するデジタル通貨を持つ
  • Orchid ネットワークの利益に向けてオペレーターのインセンティブを調整する

したがって、ネットワーク上での帯域幅トランザクションの促進に加えて、Orchid デジタル通貨は、帯域幅プロバイダーによるコミットメントを示す Orchid ネットワーク内のステーキングを証明し、特定のリスクを軽減するために使用されます。

back to top

Orchid アカウント

購入したアカウント:
Orchid は、ユーザーがネイティブの法定通貨を使用して、公式iOS アプリ内から事前に資金提供された Orchid アカウントを購入する機能をサポートしています。「 Orchid クレジット」は、暗号通貨 xDai を優先プロバイダーとのみ使用する必要がある特別なアカウントです。すべての Orchid アカウントと同様に、アカウントはデバイス間で共有できます。

ユーザーが Orchid クレジットを購入すると、何が購入されますか?

  • 残高 選択した価格帯に基づいて、ユーザーは、市場の変動に応じて、xDai の金額で資金提供された Orchid アカウントを受け取ります。これは、Orchid ネットワークで帯域幅を購入するために使用できます。
  • 預金 購入の一部は、生成されたアカウントへのデポジットとして投資されます。これは、クライアントの不正行為の抑止力として、またナノペイメント システムのチケット サイズ決定の決定要因として、Orchid ネットワークに参加するために必要です。
  • ガス ブロック チェーンで行われるトランザクションには少額の支払いが必要であり、クレジット購入の一部は、Orchid アカウントを作成するためのこれらのコストをカバーするために使用されます。
  • 手数料 法定通貨を受け入れるための取引手数料。

Orchid クレジットの目的は、暗号通貨に精通していないユーザーや複雑な問題に対処したくないユーザーなど、幅広いユーザーに Orchid ネットワークの使用を開放することです。購入プロセス中または Orchid アプリの使用中に、Orchid が個人情報にアクセスしたり保存したりすることはありません。

暗号ネイティブ アカウント:
Orchid ネットワークへの参加に資金を提供するために独自の OXT または他のサポートされている暗号通貨を提供しようとしているユーザーは、account.orchid.comで Orchid の web3 ベースの DApp を使用してカスタム アカウントを作成できます。Orchid アカウント DApp には、メタマスクなどの web3 ブラウザを使用してのみアクセスでき、きめ細かいコントロールを備えたカスタム アカウントを構築するために、暗号ウォレットをリンクできます。ここで、ユーザーは自分で指定した値でアカウントに資金を提供したり、関連するデポジットのサイズを制御したりして、Orchid アプリ内での効率 に影響を与えることができます。これらのアカウントは、購入したアカウントの代わりに Orchid アプリに簡単にリンクしたり、無制限の数のユーザーやデバイスと共有できます。

Orchid アカウントの作成の詳細をご覧ください。

back to top

Orchid プロトコル

Orchid のソフトウェアは、OpenVPN または WireGuard に対象範囲が似ているカスタム VPN プ ロトコルを使用するよう指定されています。Orchid プロトコルは高性能ネットワーク向けに設計 されており、一般的な Web 標準である WebRTC 上で実行されます。WebRTC は、ブラウザ内部から ビデオやオーディオを送信するために広く使用されています。私どものプロトコルは、ユーザーがリ モート ネットワーク リソースへのアクセスをリクエストし、ナノペイメント システム経由で 暗号通貨 を 使用してこれらのリソースの料金を支払えるようにします。

back to top

ナノペイメント

Orchid は、新しい確率的ナノペイメント システムを使用して、支払いスループットをスケーリングします。

このナノペイメント システムは、クライアントがノード オペレーターにプロキシ帯域幅の暗号通貨で裏打ちされた「チケット」を支払う、Orchid ピアツーピア帯域幅マーケットプレイスの基盤です。このシステムは、多くの取引間、さらには複数の当事者間でさえも取引手数料を償却することにより、少額の支払いでの取引手数料を下げるように設計されています。

詳細については、最近の記事をご覧ください: ナノペイメントのご紹介

back to top

Orchid プログラム可能なネットワーク

Orchid のサービス プロバイダーは、OpenVPN などのプロトコル用の一般的な VPN デーモンと同様のソフトウェアを実行しますが、これは Orchid プロトコルを使用します。

Orchid ノードは、イーサリアム上のステーク レジストリおよびプロバイダー ディレクトリに登録情報を保持します。ステーク レジストリは、Orchid アプリが分散型の環境で、ユーザーに代わってランダム サーバーを自動的に検出できるように最適化されています。一方プロバイダー ディレクトリは、ノードがジオロケーションや提供される追加サービスなどのメタデータを登録できるように します。

back to top

ステーキング

プロバイダーは、ステーキング リポジトリを作成するために多数の OXT をステーキングしています。

  • スマート コントラクトを使用すると、誰でもノードに OXT をステーキングできます。
  • クライアントは、相対的な OXT デポジット サイズに比例して新しいノードを選択します。
  • したがって、より大きなステーキング デポジットは、ユーザー、帯域幅、および収益の比例した増加につながります。
  • ノードが既に最大帯域幅容量に達している場合、追加のステーキングは事実上無駄になります。

トークンがステーキング デポジットにロックされると、すぐに帯域幅のプロビジョニングに使用できます。プロバイダーがステーキング契約からトークンを引き出すことを希望する場合、「ロック解除」期間を開始する必要があります。この期間には、資金をステーキング デポジットとして使用したり、ベンダー プロバイダーが他の場所に送金したりできない 3 か月のクールダウン期間が含まれます。

Orchid エコシステムで交換される価値の量が何であれ、特定の売り手の相対的なステーキングは、総ステーキングのパーセンテージとして、ユーザー トラフィックと取引フローの同じパーセンテージを提供します。 典型的で正直な販売行動 (悪いサービスのためにユーザーがそれらを諦めることがない) を想定すると、この取引フローは総収益の同様のシェアになります。売り手のステーキングの決定は売り手の裁量に委ねられます。

back to top

ニュースの配信

Orchid Onlooker ニュースレターで最新情報とプライバシー ニュースを入手してください

Orchid の価値